2010年05月07日

失業率、男女の開き最大=産業構造変革で男性低迷-09年度(時事通信)

 総務省が30日発表した労働力調査によると、2009年度の男女別の完全失業率は男性が5.5%、女性が4.8%で、男女間の開きは0.7ポイントと過去最大になった。産業別の就業者数を見ると、男性が多い建設業と製造業は減少し、女性の進出が進む医療・福祉は増加傾向にある。こうした産業構造の変革が、男女の失業率の開きを拡大させている。
 男性の失業率は1980年代から90年代中ごろにかけ、女性を下回る傾向が続いたが、98年度に逆転。それ以降は男性の方が高い。建設業の就業者数は97年ごろピークを迎えた後、減少傾向に転じており、男性の失業率の大きな押し上げ要因になっている。
 10年3月の産業別就業者を、比較可能な02年の3月と比べると、建設業は公共事業減少のあおりで139万人減少。製造業も相次ぐ工場の海外移転で180万人減った。これに対し、医療・福祉は高齢化を背景に183万人増えた。
 医療・福祉では、09年度は政府が人手不足の介護分野のPRなどを強化し、就業者拡大に拍車が掛かった。保育分野も今後、就業者は共働きの広がりで一層の増加が期待されるが、介護と同様、女性が多数を占めそうだ。 

【関連ニュース】
09年度求人倍率、最悪の0.45倍=3月失業率5.0%、4カ月ぶり悪化
世界経済「回復は予想以上」=日本念頭に内需拡大要求-G20声明
平和構築に関する安保理議長声明要旨
失業率、横ばいの4.9%=求人倍率は2カ月連続改善-2月
景気「着実に持ち直し」=8カ月ぶり上方修正

<鳩山首相>4日、沖縄訪問 住民と対話も(毎日新聞)
前原国交相は「永田町の郷ひろみ」? 新上限料制で小沢系からは批判強まる(産経新聞)
衆院選挙制度見直しを=山口公明代表(時事通信)
参院選 与党、厳しい過半数 民主、候補者100人超に(産経新聞)
新潟で震度4(産経新聞)
posted by 道場七三郎 at 10:53| Comment(1) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

人 妻3人相手にしてきたけど、マジやっべぇな!!!!
フェラチオ×アナル×ディープキスの三点攻めで、オレ喘ぎまくりだっつの!!
しかも3人合わせて18万も貰えたぜぇぇぇ!!(゚∀゚)
http://lip.daizon.net/nadh9gu/
Posted by 飢えた主婦は野獣だな! at 2010年05月15日 16:18
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。