2010年04月20日

河村名古屋市長「改めて市民に問う」(産経新聞)

 名古屋市の河村たかし市長は19日、臨時市議会を招集し、2月議会で議会側が1年限定と修正可決した市民税10%減税の恒久化と、市議の報酬を半減する条例案を提出。本会議で「改めて市民に問い掛ける」と強調した。各会派は「すでに審議が尽くされている」として臨時市議会の開会自体を疑問視しており、両案とも可決は困難な見通し。

 河村市長は提案理由説明で、減税に関して「最高の市民サービスで、継続実施してこそ意義がある」と強調。これに対し、質問に立った市議は「臨時議会には必要性も大義もない。議会との対立構造を意図的に演出している」と批判した。

専用サポートカウンター設置=足止め客向け-成田空港会社(時事通信)
乗務員の英語力に基準、スカイマークが設定(読売新聞)
旧海軍幹部の証言集刊行=内部批判、政府や陸軍に不満も-井上元大将ら・水交会(時事通信)
<寛仁親王殿下>5月にトルコ公式訪問へ(毎日新聞)
「基地移設反対」染まる徳之島 「甘い汁はいらない」(産経新聞)
posted by 道場七三郎 at 15:07| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。