2010年01月17日

元女性の夫、人工授精の子は「非嫡出子」…市が要請(読売新聞)

 性同一性障害と診断され、戸籍上の性別を女性から男性に変えて結婚した兵庫県宍粟市の自営業者の夫(27)が、妻(28)と第三者の精子を使って人工授精でもうけた子について、同市が法律上の婚姻関係にない男女から生まれた「非嫡出子」として出生届を出すよう、夫婦側に求めたことがわかった。

 「生物学上は同性同士で、子をもうけるのは不可能」とした国の見解に基づく対応だが、「法の下の平等に反する」と指摘する専門家もいる。

 夫は、性同一性障害に関する2004年施行の特例法で08年春、戸籍を男に変えて結婚。妻は第三者の精子で09年11月に男児を出産した。夫が市に出生届を出したが、続柄を空欄にしたため翌12月、法務省に相談した市が、非嫡出子と記入して提出するよう促した。

 養子縁組すれば「嫡出子」と同様になるが、夫は「養父ではなく実父として認めて」と訴え、嫡出子と記した届けを8日付で市に再送した。受理されない場合は、神戸家裁へ不服申し立てをするという。

 法務省が把握している同様の出産例は計6件。性同一性障害学会理事長の大島俊之・九州国際大教授(民法)は「(第三者からの)人工授精でも嫡出子とされるケースがあり、性別変更した親の子だけが非嫡出子とされるのは差別だ」としている。

悪天候 強風で電線切れ 3万3000戸が停電 新潟県内(毎日新聞)
「大阪人権センター」移転 4月にも 耐震問題、民間ビルへ(産経新聞)
<覚せい剤>10キロ押収 2容疑者逮捕 警視庁(毎日新聞)
11月の経常黒字、76%増=4カ月連続で前年上回る(時事通信)
首相動静(1月12日)(時事通信)
posted by 道場七三郎 at 15:13| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

嫡出子認定、民主に要望=性同一性障害者団体(時事通信)

 全国の性同一性障害者約730人で組織する「性同一性障害をかかえる人々が普通にくらせる社会をめざす会」の山本蘭代表らは13日、国会内の民主党幹事長室を訪れ、性別を変更した同障害者の夫婦が第三者の精子提供による人工授精でもうけた子を嫡出子として認定するよう要望した。これに対し今野東副幹事長は、法務省が「嫡出子として認めない」とする従来見解の見直しに入ったことから、同省の判断を見極めて対応を検討する考えを示した。 

【関連ニュース】
「非嫡出子」扱いを見直し=性同一性障害者夫婦の人工授精
夫が元女性なら「非嫡出子」=人工授精で妻出産、扱いに差
武藤被告、懲役12年確定へ=妹殺害切断
言葉知られても受け入れ進まず=「性同一性障害」で意識調査

精鋭400人、降下訓練始め 陸上自衛隊(産経新聞)
武器輸出三原則、見直しを=北沢防衛相(時事通信)
<普天間移設>訓練など一部機能を関空に 国民新党が提案へ(毎日新聞)
<西松建設違法献金>裁判で窓口役の部長が実態などを証言(毎日新聞)
秋からの朝ドラは「てっぱん」=NHK(時事通信)
posted by 道場七三郎 at 10:18| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

武器輸出三原則、見直しを=「内閣でしっかり議論」-北沢防衛相(時事通信)

 北沢俊美防衛相は12日午後、都内で開かれた防衛関連の業界団体「日本防衛装備工業会」主催の賀詞交歓会であいさつし、海外への武器輸出を禁じた政府の武器輸出三原則に関し、「わが国とすれば、そろそろこういうものについても、基本的な考え方を見直すことがあってしかるべきだ。しっかり鳩山内閣の中で議論しながら考えていきたい」と述べ、緩和を検討すべきだとの認識を明らかにした。
 年末に予定される新たな防衛計画大綱や次期中期防衛力整備計画(中期防)の取りまとめの中で、検討課題となる見通し。ただ、民主党内には緩和に慎重な声もある上、連立を組む社民党の反発も予想されるため、議論の行方は不透明だ。 

【関連ニュース】
迎撃ミサイルの欧州輸出に含み=北沢防衛相
履行報告は29カ国=安保理の対北制裁
共産、「世界に逆行」と報告書批判=安保防衛懇
安保政策、転換を意図=実現性は不透明

w3d9esmfのブログ
w8lbjllaのブログ
競馬サイト
携帯ホームページ
現金化
posted by 道場七三郎 at 10:54| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。